住宅塗替 ビル・マンション改修工事 鋼構造物塗装シックハウス対策(GS工法) コンクリート劣化防止工事(Xypex ザイペックス)
   


青函トンネルからマンションの改修まで。コンクリート サイエンスを合言葉にすべてのコンクリート構造物を劣化から守ります。ザイペックスは、単に商品だけでなく、お客様の目的に合った技術と共にお届けいたします

ザイペックス コンセントレート(XC)
■ コンクリートのあらゆる劣化防止から体質改善まで、『ザイペックス理論』
ザイペックスの基本理論は、漏水、中性化、塩害、凍害など、さまざまなコンクリート劣化要因の共通の素因となる、毛細孔や種々の空隙にセメント結晶を増殖し、充填することです。


     市販コンクリート・テストピースの1面(大端面)にコンセントレート塗布し養生3週間後、塗布面より50mm深さの割裂面で、C・H・Sのゲルから結晶へ発達しつつあるところ。
つまり、コンクリートにザイペックスを塗布すると全く新しい化学メカニズムにより、非常に安定なセメント結晶群を奥深い毛細孔や空隙にまで生成し、増殖してゆきます。これらの結晶群はセメント硬化体と同一の無機質結晶であり、経年変化に強く、半永久的に改善効果を保ちコンクリートの耐久年数を飛躍的に伸ばします。

■ コンクリート補修と同時に耐久性が上がるという、他に類を見ない独自の理論・工法
既設コンクリート構造物のリハビリテーション
50〜60年確実といわれてきたコンクリートの強度神話は崩壊。
マンションなどのコンクリート構造物の劣化は大きな社会問題となっています。
ザイペックス工法はあらゆるコンクリート構造物の長寿命化・リハビリテーションを実現します。
ザイペックスによる緻密化のメカニズムは、コンセントレート粉体と所定の清水を練混ぜてペースト状にしたものをコンクリート表面に吹き付けることで、触媒性化合物がコンクリート深部(約50cm)に浸透して、毛細管空隙やひび割れ界面に新たなセメント結晶を増殖してコンクリート躯体を緻密化することをいいます。

■ ザイペックスの特徴
・セメント結晶増殖作用による止水
・防水効果
・コンクリート内部に奥深く浸透し、躯体全体を緻密化して、止水、防水効果を発揮。無機質のため、経年変化が少なく恒久的に作用。
・地下の高水圧下でも内側から施工可能
・経費削減と工期短縮が可能

■ 下記の効果を発揮
・放射線浸透拡散抑止性
・耐久向上性
・化学抵抗性
・中性化抑止性
・凍害抑止性
・塩害抑止性
・硬化収縮抑止性
・アルカリ骨材反応抑止性

■ ザイペックス工法の用途
・地下構造物の防水
・屋上防水
・橋梁、高架床版の防水劣化抑止
・ダム、貯水槽の漏水補修
・既設コンクリート構造物の防水、耐久性向上

>詳しくはこちら


| トップページ | 会社案内 | 事業内容 | 住宅塗替 | XYPEX(ザイペックス) |会長室 | リンク | 個人情報保護方針 | お問い合わせ |
   copyrighit c 2000-2016 Makoto Painting Co.,Ltd.All rights reserved.